身近で恐ろしい病を知ってブロックする|大腸がんの検査方法を選ぼう

病院

発症要因を考える

医者

日本人女性の乳がんの発症率と死亡率が高いです。そもそも乳がんの発症原因は女性ホルモンが大きく関わっています。実際に、閉経後の女性の発症率は低いです。治療方法としては切除方法と薬物療法の2つがあります。

もっと読む

樹状細胞を増やす治療

看護師

樹状細胞療法とは、がん細胞と戦うキラーT細胞に指示を与える樹状細胞を、培養で増やすという治療です。これによりキラーT細胞は、効率良くがん細胞を攻撃できるようになります。手術や抗がん剤による治療では、体にある程度の負担がかかるのですが、樹状細胞療法でがん細胞を減らしておけば、負担は少なくなるのです。

もっと読む

外科手術を受けよう

女性

身近で恐ろしい病を知ってブロックしましょう。大腸がんの検診の流れは次のようなものになります。まず便潜血検査を受けて陽性か陰性かを調べます。陽性の場合は大腸がんの可能性がありますので、内視鏡検査か注腸検査を受ける必要があります。陰性の場合はこれで検査は終了です。内視鏡検査は胃カメラの大腸版のようなものです。すなわち、お尻から大腸カメラを入れて中を診察します。もちろん、腸の中を見やすくするためにあらかじめ下剤を飲んで腸をきれいにしてから行います。そうして大腸にあるポリープやがんを見つけます。一方、注腸検査はバリウムをお尻の中から入れて検査をする方法です。これも下剤を飲んでから行われます。どちらを選択するかについては、患者の意思で決定されます。恐ろしい病の代表格としても知られているので、徹底的な検査が大切となるでしょう。

大腸がんになりやすい人は大腸ポリープを持ったことがある人や食生活に偏りがある人に多いです。もしこのようなことに自覚がある人は検診を受けましょう。大腸がんの中で最も効果的な治療方法は外科治療になりますが、これは大腸がんの種類に応じてやり方が異なります。たとえば、結腸がんの手術の場合は、がんのある部分から10センチ程度はなれたところの腸管を切除して縫い合わせます。結腸の長さが変わるだけで機能障害はまず起こりません。これは盲腸がん、S状結腸がんなども同様の手法で行われるものです。また、直腸がんの場合は排尿機能を持っている自律神経を残して切除することが基本になります。しかし、症状が進行している場合はこれらも切除して、機能障害にならないように人工肛門を造設します。

あきらめてはいけません

病棟

肺がんは、日本人のがんでの死亡率が高いといわれています。肺がんになると、せきや痰が続きます。症状が進むと、呼吸がつらいほどせきが続いたり、血痰が出たりします。肺がんを疑ったら早期受診をお勧めします。喫煙や大気汚染も原因とされています。

もっと読む